loader image

会員スピーチ富士研スペシャル 2016年6名

平成28年2月19日(金) 第391回 経営者モーニングセミナー
この日の講話は、2月14から16日まで御殿場の倫理研究所の研修所での研修に参加された会員6名による体験発表スピーチでした。

内山徹幹事:3日間の研修に参加するために数か月前から仕事の調整をし、満を持しての参加。決心を固めたら準備がスムーズに運んだ。向こうで20数年前にお世話になった方と偶然の再会をした。これも富士研の奇跡か。倫理の根っこの深い部分に触れることができた。内容の濃い、充実した2泊3日だった。

平塚市倫理法人会 モーニングセミナー 会員スピーチ富士研スペシャル

相原清会員:二つのキーワードを得た。一つが「感動」。人を動かす源は、飴と鞭ではない。もう一つが「覚悟」。所員の方のお話で、研究所の所員になるために必要なものは人生を捧げられるかという覚悟。企業経営も一緒。わが身を振り返った。

平塚市倫理法人会 モーニングセミナー 会員スピーチ富士研スペシャル

髙橋拡会員:楽しかった。準備不足による失敗も多々あって、準備の大切さを痛感した。当たり前の大切さを学んだ。特に挨拶、食事の作法。印象に残った言葉は、「倫理という刀で人を傷つけてはいけない」。責め心ではなく、気づかせてあげる愛を持って接してあげなくてはいけないと。

平塚市倫理法人会 モーニングセミナー 会員スピーチ富士研スペシャル

蛯子直美会員:滝行をするためにご主人に同意書にサインをもらわねばならなかったが、少し前に受けた倫理指導での実践をして、あっさりとサインをもらうことができた。しかし、当日は、血圧で引っかかったため滝に入ることができなかった。その他研修では、心の面を色々と教わった。素直になる、正直になる。心の中で思っていることと行うことを一緒にすることを。

平塚市倫理法人会 モーニングセミナー 会員スピーチ富士研スペシャル

田中俊治会員:行ってよかった。学んだことは「挨拶」。真心を込めると自分も気持ちよくなる。「食事」。暴飲暴食のわが身を振り返ることができた。「チームワーク」。周りのやる気につられ、一生懸命できるようになった。これが結果として自分の身に付いた。

平塚市倫理法人会 モーニングセミナー 会員スピーチ富士研スペシャル

須田照幸幹事:体調不良で初日にリタイヤ。食事作法は学べた。書類不備などの準備不足などがあったが、来年は体調を整え、チャレンジコースの受講をしたい。

会長あいさつ

平塚市倫理法人会 モーニングセミナー 会員スピーチ富士研スペシャル

0 0 votes
Article Rating

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x