SDGs×持続可能な国・日本

第702回 平塚市倫理法人会
経営者モーニングセミナー
テーマ:『 SDGs×持続可能な国・日本 』

講話者:平塚市倫理法人会 会員
    (一社)SISA 代表理事
    小野 利隆 氏

 今回の講話は、このほど当会に加わってくれた、小野利隆氏による、ご自身のSDGsの活動からのお話。小野氏は日本青年会議所時代、草創期からSDGsに関わっている。最近よく聞く言葉だが、実はイマイチ理解していないかもしれない。

サスティナブル
ディベロップメント
ゴール

 2030年までに持続可能な社会を作るために示された、17の大きな目標と169の具体的な行動計画。その中でも重要なものについて。

サプライチェーンの責任。サプライチェーンとは、原材料から製造、流通、販売、消費の流れのこと。この流れすべてで、環境や人権に配慮する。

 次に人権とビジネス。例えばファストファッションなどで安売りの裏にある、過酷労働、児童労働の問題が言われている。カカオ豆の生産現場でも、問題が指摘されたいる。また6人に一人、日本でも子供の貧困→相対的貧困、これは構造的な問題だという。

 世界の二つの問題。
地球のオーバーシュート 環境の逼迫
絶対的貧困→一部の富裕層が稼いでも、圧倒的に資金が足りない。

 SDGsは、Trans forming our world. 我々の世界を変革するという大きな目標の一つたという。チェンジではなく、トランスフォーム。表面的な変化ではなく、根本的な変革が必要だということだ。

これには個人の変革と社会の変革の両輪が必要。営利と非営利(社会善)の世界は現在別物だという認識がある。しかし社会的な良いことが、利益を生み出すような仕組みにトランスフォームすることが必要。

 着物のリメイクを通して、廃棄物の削減から雇用の創出まで。日本は実はサスティナブルな社会だった。欧米の短期的な視点から、日本の伝統的な三方良しの精神が必要ではないか?

 日本は2982年の建国の歴史。得を得るのではなく、徳を得る文化。憎しみに立ち上がり、正義をかざす。新しい変革には、日本の昔の文化がヒントになるということは、今いろんなところで言われている。日本の歴史をもう一度見直すことは、元に繋がるという倫理の教えにも繋がる。

 言葉だけでなく、その本質を知り、できることから行動することが大切だと、改めて考えさせられる講話でした。

専任幹事 内山 聡 記

平塚市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

→ 本日 1 回(総閲覧数 9 回)
0 0 votes
Article Rating

よろしければこちらもご覧ください。

実践こそ全て

10月23日平塚市倫理法人会の講話は、練馬区倫理法人会専任幹事 小澤陽一さんでした。 小澤専任幹事の講話に倫理を実践して結果を出しているということが何より説得力がありました。 倫理指導を素直に受けすぐ…

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x