骨肉の争いと倫理指導

第693回 平塚市倫理法人会
経営者モーニングセミナー
テーマ:『 骨肉の争いと倫理指導 』

講話者:平塚市倫理法人会 相談役
    (株)マルハチ 代表取締役
    篠ケ瀬 隆 氏

 今回の講師は倫理歴10年、平塚市倫理法人会第三代会長の篠ケ瀬相談役。10年と言っても、さらに中身の濃い10年。いつも準備から片付けまで、当たり前のようにいらっしゃる偉大な存在。その篠ケ瀬相談役が、骨肉の争いと題して、ご自身の身に起きた、相続にまつわる苦難をシェアしてくださった。

 篠ケ瀬氏が熱心に倫理の活動に関わる理由は、創始者丸山敏雄先生の言葉にあるという。

「我万人の僕(しもべ)とならん。」

上に立つ立場の創始者が「僕になる」という境地に感じるところがあった。倫理法人会に何かを与えてもらうのではなく、いかに僕となって会に貢献するか。そこに大きな学びがあると言う意識が、積極的な会への関わりの理由だという。

 与えるから、与えられる。与える側に回ることは、私自身もこの倫理法人会で学んだ大切なことだ。

 そんな学びの深い篠ケ瀬氏でも、苦難はやってくる。中でも血縁関係の苦難は、重く苦しい。父親の会社を継いでいる篠ケ瀬氏は次男。三人兄弟での相続は、準備をしていても簡単には行かなかった。

 自分自信崇高な学びをしているのに、身内の争いに巻き込まれてしまう。そのギャップが苦しかった。そして、それぞれの利害はこれまでの関係を台無しにしてしまう。兄妹だけでなく、当然周囲の関係者の利害も絡み、ことは複雑化していく。母親の想いも届かない、そんなことにも心を痛めた。

 栞(に書いてあること)以外のことは起きない。親を大切にせぬような子は、大業を成し遂げることはできない。そしてタライの水の例話など、栞に書かれていることだけが、目の前で展開されたという。

 篠ケ瀬氏はこの件で倫理指導を受けている。倫理指導とは、倫理法人会の会員が、資格を持った方に受けることができる個別相談だ。

「淡々とやりなさい。」

話を聞いてもらい、苦しみを共有する。心が軽くなったという。そしていつか相手と仲良くなれるように。今すぐは考えられないが、やはり大切な兄妹。その想いはこの先心の片隅に持ち続けることになる。

 私自身は妻も含めて、相続は滞りなく済ませることができた。兄弟の仲が良いということは、とても大切なことだと、改めて感じた。

 会社経営のことだけでなく、人生の問題に丸ごと活かせるのが、倫理の学びである。一時体調を崩されていたのは、こんな苦難を抱えていたからだった。こんな大変な時でも、会のために貢献する姿は、私自身の目標とするところでもある。改めて素晴らしい先輩と共に学べる時間に、感謝の念が深まりました。

専任幹事 内山 聡 記

平塚市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

→ 本日 3 回(総閲覧数 37 回)
5 3 votes
Article Rating
2 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
tomo
2022年5月10日 06:26

篠ケ瀬さんは、苦難にあってもその、オモテにそのそぶりを見せないからスゴイ! 
心が整っているからだろうなぁ!

弓削春子
2022年4月23日 11:23

篠ケ瀬さんのお話を聞いて、私は父が亡くなった時に、母とも弟とも円満に後始末ができたことに改めて感謝の気持ちが湧きました。そしてお金のパワーを侮ってはいけないとも思いましたよ〜日本の諺に「金の切れ目は縁の切れ目」とありますが、そんなことにならないように、お金の管理や扱いについて日頃から学んでおきたいです。

2
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x