防災士がお話する倫理と防災 ―大切な人と生きのころう―

平成30年8月17日(金)第521回平塚市倫理法人会経営者モーニングセミナーは、藤沢市倫理法人会幹事の寺嶋真弓さん。『防災士がお話する倫理と防災』というテーマでお話して下さいました。

まず、最初にビニール袋の中にお米を入れて水に浸したものをお湯に入れて、電気・ガス・水道がなくてもできるクッキングから楽しく始まりました。そして、具体的に備えた方がよいものの解説、特に家族・職場の従業員のために備えることはもはや必要不可欠であるということを改めて実感しました。

降水確率70%と言われれば、多くの人は傘などの用意をするのに、70%の確率で起こると言われている首都圏直下型地震については用意をしていないのはなぜでしょうか?多くの人は、ここは大丈夫と根拠なく楽観しているからです。ここ数年の大地震の被災者はまさかここにと言って備えておりませんでした。

しかし今日の講話を聴いた人はもう違います。講師もまず生き残ることが大事だとおっしゃいました。早速私も子供と災害時の持ち物リストと震災バックを作りましたよ!

【会長挨拶】
IMEX Japanの小野さんの入会式を行いました。

【会員スピーチ】
髙橋拡専任幹事
朝起きの習慣作りについてスピーチして下さいました。

→ 本日 1 回(総閲覧数 8 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x