超高齢社会と教育についての弊社取組について

平塚市倫理法人会、8月9日のモーニングセミナー講師は、株式会社ラッキーソフト 代表取締役三田村勉さんによる「超高齢社会と教育についての弊社取組について」というテーマでご講演いただきました。
会社設立2年目のできたてほやほやの会社の代表と務める三田村さん。企業向けの研修用ソフトや交通マナーのソフト、高齢者の向けのソフトなど様々なソフトウェアの開発を行っています。平塚でも注目の企業の取り組み、企業以外の活躍などチャレンジについてもお話を伺う貴重な時間となりました。
株式会社ラッキーソフト 代表取締役 三田村 勉
以下、講話の概要です。

平塚市出身の三田村さん。一般企業にお勤め後、親御さんの介護の都合を機に平塚市で起業されました。学生時代からコンピューターに関心があり、同級生の皆さんにも詳しく教える立場だったそうです。
その技術を活かし、ソフトウェアの開発と販売を行っている三田村さん。高齢者の皆さんに体を動かしたり声を出したりするだけでゲームが進むソフトを開発されました。多くの方が一緒に、笑顔で楽しめるそれがこれからの高齢化社会には必要だと三田村さんは考えておられます。
また学生の皆さんがソフトウエアの開発に興味を持っていただけるような活動も行っています。定期的に中学校を訪問し、簡単に作れるゲーム開発のプログラムを教えていらっしゃいます。
実際に講話の中でタイピングソフトのプログラムを行った三田村さん。プログラムは難しいと思っている会員さんには驚きの光景でした。平塚の若き経営者の取り組みと考えが学べる時間となりました。

今日の井筒屋さん

井筒屋 ごまの和菓子

→ 本日 1 回(総閲覧数 1 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x