講話 – 外部講師

がんと共に生きるプロスノーボーダー・渡部 亮

平成30年9月14日(金)のモーニングセミナーは、公益財団法人全日本スキー連盟 SAJスノーボードデモンストレーター 渡部亮 様に来て頂きました。 1979年生まれです。2015年の夏にステージ4の舌ガンの告知を受けました。それまでの渡部さんは市役所のスポーツ課に勤めて市内のイベントなどで活躍していました。スポーツ選手なので普段から食事のメニューに気を使っており、舌にガンができるとは思ってもいなか…

腰痛とストレスの深い関係〜からだと心のつながり

平成30年6月1日(金) 第510回 経営者モーニングセミナーの講師は、湘南トレーナーズオフィス合同会社代表の内山聡さん。 『腰痛とストレスの深い関係』というテーマで講話して頂きました。 まず驚いたのが、腰痛の原因の8割がストレスだということ。特に抑圧的な怒りの感情だということ。ある程度溜まってきたところで痛みが起きてしまう。 フィジカル的なものはきっかけでしかないのですね。 怒りをためない生活は…

子どもが売られない世界をつくるために

平成30年2月2日 第493回モーニングセミナーは、NPO法人かものはしプロジェクトの草薙直基氏をお迎えして講話して頂きました。 かものはしプロジェクトは、人身売買や児童買春などの問題に対して「子どもが売られないように活動している」認定NPO法人で、2014年に倫理研究所の第17回地球倫理推進賞を受賞しております。 講話はまず現地の取材をしたドキュメントの生々しい映像を見て、いきなり緊張感がみなぎ…

挑戦~59年目のまちづくり運動~

あなたは人の話をよく聞くほうですか? 12月15日の講話は、「人の話を聞かなくて、我が強かった」そんな風にお話をされた僧侶でもあり、平塚青年会議所の守屋宣成理事長でした。 勝手なイメージですが、お坊さんのイメージは、穏やかな雰囲気。落ち着いた感じがあります。でも、皆さん人間ですから、様々な人がいます。 守屋講師は、20歳前後のころは、我が強く、人の話を聞かずに、自分の意見を主張。それを見かねて、お…

毎日がアドベンチャー♪~私の人生の棚卸し

アヤアルケミスト(株)代表取締役 瓜田綾子

わたしが悪いのかもしれない 彼女はそんな言葉を話していました。両親がガンになり、夫もガンになり、自分を振り返ったときそのように感じたそうです。それはわたしのせいであると。家族の様々な問題が出てくる中でも、日々、アロマテラピーを通じて、藤沢周辺に住む方々のストレスをケアされています。 10月最後の平塚市倫理法人会のモーニングセミナー。講話者はアヤアルケミスト株式会社瓜田綾子代表取締役です。瓜田綾子講…

モンブラン登頂記

今朝の講話はとても懐かしい空気を感じました。どういう空気かというと大手企業のエリートサラリーマンの空気です。独立起業して十数年経ちますが、今では年に数回程度しか味わえません。お上品な立ち振る舞いや、細部まで練りこまれ無駄のない流れるようなプレゼンテーション。そういえば過去に同じような感想を書いた「知ってて差がつく!プロよりプロな食の話」の講師の方も物書きさんでしたね!普段から第三者に向けた文章を書…

漁業の未来に向けて

平塚の漁業って実態はほぼなく衰退してしまった、とか、湘南エリアの海もレジャー化の一途で漁業は小田原くらい、とか、魚自体もお金になるような魚があまり獲れない、とか、そういう話を聞いたりもしていましたし、確かにスーパーでも平塚産の魚ってあまり売っていないので、今朝の平塚市漁業協同組合 総務主任 伏黒哲司(ふしぐろてつじ)さんの講話は楽しみにしておりました。 小規模ながらも多くの方との関わりを持ち、様々…

平塚商工会議所会頭に就任して

平塚市商店連合会の会長、七夕通りスターモールの会長を歴任されるなど若きスーパースター、平塚商工会議所会頭であり、トキワヤ(学生服販売)代表の常盤卓嗣様の講話でした。およそ1年前に講話(今後の平塚と企業経営)いただいた福澤前会頭からのバトンタッチで、この数ヶ月間とても精力的に活動されている様子をお話いただきました。 商工会の会頭というのはこういう人でないと務まらないのだということはよくわかりました。…

現代社会とうつ病

「日本は世界の中で、最長寿国でありながら、自殺大国でもある!」というショッキングな真実から始まった今朝の講話は医療法人社団清風会 富士見台病院 樋口誠逸院長です。自殺者の9割が精神疾患に関与しており、6〜7割がうつ病、または、うつ状態であるというくらい、もはや、うつ病はありふれた病気であり、ではその病は一体どのようなものなのか、専門家として解説いただきました。 自殺者を激減させた北欧の例や、うつ病…

制度的企業家理論の実践-産・学・公の資源動員によるイノベーションを目指して

平塚の智を堪能するシリーズ第二弾となりました「制度的企業家理論の実践 ~産・学・公の資源動員によるイノベーションを目指して~」は、平塚市主査である堂谷拓さまにより講話いただきました。 モーニングセミナーは学びの場であり、様々な人の体験を共有する場でもあります。しかしながら、一般に言う学習の場とは違い、心の学びの場であると言えます。今朝のようないわゆる学問的な講話というのはここ平塚では滅多にありませ…