苦難福門~青葉区倫理法人会が巻き起こす新しい風

中西さんとは普段のモーニングセミナーの時に座席がとなりになったことが何度かあります。中西さんは私の知る中では1番多くメモ書きを取る人です。学ぶことへの素直な気持ちがそうしているのだと思います。
私は中西さんと同業です。身近に同業の方がいると、いろいろと相談に乗ってもらったり、お互いに協力できたり、学びがあったりできるので、倫理法人会の繋がりを大切にしたいと思いました。
横浜市青葉区倫理法人会 専任幹事 マッサージレイス治療院 中西映太
父の仕事で幼少期をベルギー、オランダ、スイスで3~6才まで過ごす。小学校から日本の学校に入学したが、日本語が少ししか出来ず苦労する。せっかく覚えたドイツ語を3年で忘れてしまった・・・。
学生の時に読んだ「竜馬がゆく」(司馬遼太郎)を読んで人生が変わった。米国留学、ビジネス専攻をする。世界は広い。多くの事を経験したいと思った。アメリカでカイロプラクティック、マッサージビジネスの事業計画を学ぶ。老人ホームでボランティア。ありがとうの一言に感動する。
帰国後IT企業に就職。20名の社員だった会社が200名にUP。どんどん伸びていった。新しい支店の立ち上げ、問題部署の再建を任された。台湾の企業の立ち上げをした。そして、日本の最初の会社に戻る。しかし、なぜか戻った途端にリストラされてしまった・・・。
次の会社ではクレーム対応係になる。外からは嫌なことを言われ、会社内ではオーバーワークと上司のパワハラ説教で精神的限界へ。その頃結婚して10年目で待望の子供を授かる。人生を振り返り、本当にやりたいことを考えた。
そして、以前好きだったマッサージの仕事を4年前に始めた。脳梗塞や重い病気をした身体の不自由な方を対象とした保険適応の在宅マッサージを始めた。
倫理との出会いはアチーブメントでの友人である茅ヶ崎市倫理法人会の早瀬さんから紹介してもらった。入会して3ヶ月で専任幹事の要請、断るネガティブな理由はいくつもあったが、会の仲間が自分を温かく受け入れてくれた。
感謝と仲間の皆の役に立ちたいとの思いから引き受けた。しかし、40名そこそこの会員を3ヶ月以内に100名にしなければ会の存続がかかっているという重圧があった。どのようにしたら会員が増えるのか、いろいろ考えた。練馬区のスター講師、樋口陽子さんを呼ぶが参加者が集まらない。元テレビキャスターで美人の講師を呼ぶが来るのは会員の男性ばかり。
目標とする女性や若い男性はなかなか来なかった。その次に月に2回夜にオリエンテーションを開催。好評だがこれも入会には結びつかなかった。そんな時青葉区の決起集会である言葉を耳にする。

人を数と思うのは人でなし

今までどうしても100社にしなければならないという思いが強すぎた。相手が警戒していたかもしれない。他人の力ばかり当てにしていたので、自分が率先してやるようにした。
必要とする人にターゲットを絞る。アチーブメントの仲間は倫理の学びと共通している面が多いので声をかけた。脳力開発と倫理は似ている。成功は技術だ。目的を明確にゴールをイメージする。ひとりひとりに丁寧に伝える。結果現在の会員数は76名、伸び率は県下ナンバー1になりました。

会長あいさつ 会長 篠ヶ瀬隆

平塚市倫理法人会 会長 篠ヶ瀬隆

会員スピーチ 幹事 小林清

平塚市倫理法人会 幹事 小林清

今日の井筒屋さん 紅白すあま

井筒屋 紅白すあま

→ 本日 1 回(総閲覧数 8 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x