第3回講話者育成講座

回を重ねるごとに盛り上がりが増していると感じる講話者育成講座の第3回が昨日開催されました。今回は他単会からも2名ご参加いただき誠にありがとうございました。
今回でまだ3回目なのですが、継続して参加いただいている方々が早くも上達されていることがよくわかります。この講座の肝は実際に前に立って何度もスピーチをすることにあるのですが、失敗することが許容される、それどころか失敗が歓迎されるくらいのこの雰囲気はなかなかないでしょう。
この雰囲気のおかげで参加者は自分の伝えたいことが自分の言葉で次々に出てきます。伝え方がまだ上手くなくても、その人の考えとして出てきます。人前でカッコよく話すスタイルのノウハウはよくありますが、自分の思っていることを引き出してくれるノウハウというのはあまり見かけません。
気軽に参加でき、楽しく学べるこの講座にまだ参加されていない方は、自分の伝えたいことを引き出されに是非次回ご参加ください。
第3回講話者育成講座
今回のテーマの一つが「タイトルの付け方」だったのですが、倫理法人会会員であればお馴染みの職場の教養から自分なりのタイトルを付ける、というワークと、その内容を自分の出来事として発表するというワークが行われ、投票形式で優秀者を選出しました。
これはなかなか面白い試みでした。優劣を付ける、というのが目的なのではなく、人がどういうタイトルや話し方に惹かれるか、という実験によって、自分に足りていないものは何なのかを見つけることが目的です。結果としてもちろん万人に受ける完璧なものはないけれど、一定の方向性とやはり自分の言葉で作ることができたかどうか、という点に気づいていただけたと思います。
それにしても、講師の向井さんはこの講座のために相当の時間と労力を費やされていると感じます。本当にありがたい話で、平塚の会員はもちろん、それ以外の方にもぜひお聞きいただきたい内容です。次回日程はまだ未定ですが決まり次第発信します。また講座終了後忘年会も考えていますのでお見逃しなく!

→ 本日 1 回(総閲覧数 2 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x