県女性委員リレースピーチ

万人幸福の栞「肉体は精神の象徴、病気は生活の赤信号」

鎌倉市倫理法人会 蔵多のり子
鎌倉市倫理法人会 蔵多のり子

経営者の妻として〜夫婦対鏡

茅ヶ崎市倫理法人会 森井直美
茅ヶ崎市倫理法人会 森井直美

苦難福門 自分が変われば世界が変わる

藤沢市倫理法人会 佐藤亜耶
藤沢市倫理法人会 佐藤亜耶

今朝は神奈川県倫理法人会女性委員より3名の方にお越しいただき講話いただきました。以前河野伸子さんに講話いただいた時にも書きましたが、やはり女性の方がストレートにご自身の考えや感情をお話になるな、という感想を今朝も持ちました。聞いていても体験としてすんなりと耳に入ってきます。特に会場の多くを占める男性会員は、女性の側の声として自分を振り返る良い機会になったのではないでしょうか。

お三方それぞれのお立場や倫理との出会いやその後の体験をお話くださいましたが、その中で面白かったのは「皆さんは万人幸福の栞の中で一番好きなフレーズは何ですか?」という問いかけでした。思えばそれを考えたことは一度もありませんでした。即座に好きなフレーズと言えばどこだろう?と考え思いついたのが「カッパ」のくだりでした。

この一節はどうでもいいものを大事にし自分自身を大切にしていない、という流れなのですが、別の解釈をすれば物を得ること、所有することに喜びを感じ、使うこと、使ったことによる結果に喜びを感じようとしない、つまり、知識を得るだけで満足し実践することに満足しようとしない、とも解釈できるのです。

カッパを着ることなる雨に打たれることなく、自分を大切にし、実践することに満足するために、今朝手に取ったカッパを活用すべく、栞の中で自分が一番好きなフレーズを思い出し、なぜそれが好きだと思うのか考えてみましょう!

県女性委員リレースピーチ

会長挨拶 内山徹

今朝もバタバタしていてすみません・・・

会員スピーチ 宮崎三枝子

人生のけじめとご縁
平塚市倫理法人会

0 0 vote
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x