日本人のこころの原点を求める

湯島天満宮 権禰宜 小野 善一郎

ゴッドと神は違う。
日本の「神様」は離れても戻る。「絶対神」や「創造主」ではない。

物質は物質 そのままの存在。そのままが「神様」。

大元にある心に
悪口 嫉妬心 傲慢 見下す
などなどの、どうしても出てきてしまう陰りを「祓う」。

湯島天満宮 権禰宜 小野 善一郎

天地の心。
全部を外に求めるのではなく、太古の昔から今につづく命は「内」にある。

天照大神様にも自分の心がある。
わが心をわが心と思わず、天津神様から賜ったもの。

大切なものは「ここ」「こちら」にある。すでにある。
よろこび、反省して「祓って」昔の祖先に立ち戻る。

大国主命 が国を平定したとき
生涯だた一度「私が最高の神だ」と思ったのが大いなる大失敗。

機会があればぜひ訪れてみてほしい。
10月24日 金曜日 モーニングセミナー 小野善一郎先生

会長あいさつ

平塚市倫理法人会 会長 篠ヶ瀬隆

会員スピーチ

平塚市倫理法人会 幹事 市川徳宏

今日の井筒屋さん ひと葉

井筒屋 ひと葉

→ 本日 1 回(総閲覧数 4 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x