新春を迎えて

第686回 平塚市倫理法人会
経営者モーニングセミナー
テーマ:『 新春を迎えて 』
講話者:平塚市倫理法人会 会員
    平塚八幡宮 宮司
    宅野 順彦 氏

 今回のモーニングセミナーは、新年最初に行われるはずだった、ひらりんの会場でもある、平塚八幡宮、宅野順彦宮司の講話でした。新年の最初のモーニングセミナーは前日の雪のため中止となったため、この時期に開催となりました。

 宅野宮司は、毎年新年ということで干支にちなんだ話をされるが、今年は2月も終わりということで、このコロナ禍に起こった出来事について、お話くださいました。

 コロナからの気づき。
これまで繰り返してきた神社の行事も制限されたこの2年、当たり前はないと改めて感じる。そして自粛で空いた時間には、八幡宮にいる神馬さつきと過ごした。そのエピソードを話す姿から、神馬さつきへの愛情が溢れていた。

 夏に大きな椎木が虫にやられてしまったという。再生は難しいということで、木を伐採すると、そこにポッカリと大きな空間が広がる。こんなに影を作っていたんだ。そして隙間から陽が差し込むと土が乾く。乾いた土は砂埃となり、これまでの自然環境は変わってしまう。しかし周りに木が隙間に伸びてきて、だんだん隙間が埋まってきたという。

 木一本だけではなく、木が集まって森になる。そこに影ができ潤いが生まれ、他の木が補い合ってさまざまな生物とともに続いている。木一本を見ると無くなってしまうが、森は無くならない。さまざまな木や生き物の多様性が、補い合い森という生態系を作り、森という単位になるとなくなることはないのではないか。

 保育園では植樹をするが、木を植えるのではなく森を作るという意味を伝えている。この先も続く神社の営みに重ねて、限りある命と続いていく歴史についてお話しくださいました。御神木は300年以上だという。

 全ては物の見方、心の置き方。
良いか悪いかは、見方で決まる。

 神様の言葉は聞こえない、神様の姿は見えない。その見えない神様の言葉を伝える宮司さんは、神に寄り添って生きている。

 講話の後は本殿に参拝させていただく。宮司は神様の代わりとなり、お祓いをしていただいた。

 少し遅くなりましたが、新たな一年のスタート。改めて素晴らしい環境で学ばせていただいていることに、改めて感謝の念が湧きました。

専任幹事 内山 聡 記

平塚市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

平塚市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

→ 本日 2 回(総閲覧数 24 回)
5 1 vote
Article Rating
1 Comment
Inline Feedbacks
View all comments
tomo
2022年3月16日 15:02

木、多様性、補い合う森…
自然から学ぶことが最も素晴らしいと学ぶ倫理に通ずる講話でした!

1
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x