愛について

平成27年7月24日(金)の講話は当会会員の久慈倫太郎氏。倫理の三本柱ともいえる明朗、愛和、喜働の一つ、「愛和」について哲学的アプローチによる解説的なお話となりました。
新約聖書の話を引きながら、愛についての解説をして下さり、倫理を学んでいるからこそ、もっと理性的な愛を持って人に接していかなくてはならないということを強く思いました。
作家 久慈倫太郎
普段から、誰に対しても愛を持って接することはなかなかできることではありません。ですから、普段から意識して実践していくという倫理の実践の通りに、愛和の実践をしていかなくてはならいなと反省いたしました。従業員さんや家族に対しても愛和を持って接していますか?責め心なく愛を与えていますか?と終始聞かれているような講話でした。

会長あいさつ

平塚市倫理法人会 会長 篠ヶ瀬隆
ゲストの紹介と本日の講師である久慈倫太郎さんの入会式を行いました。

会員スピーチ

幹事 星野朱妃子
久慈倫太郎さんとの出会いについてスピーチして下さいました。

今日の井筒屋さん 黄味時雨

井筒屋 黄味時雨

→ 本日 1 回(総閲覧数 17 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x