役を受けきる

平成28年2月26日(金) 第392回 経営者モーニングセミナー講話
川内美喜男神奈川県倫理法人会相談役:昨年度まで県会長を務めていた経験は、幼いころより五人兄弟の末っ子としてお兄様の姿を見ていたから役を受け、全うされたとのこと。
大人になってもベースとして家庭での長兄の影響が大きくあり、今でも敬愛されている温かいエピソードを笑いを交えてお話下さいました。
神奈川県倫理法人会 相談役 株式会社ティー・シー・エス 代表取締役 川内 美喜男
また、本業である介護事業の現場において、最近は認知症の人が認知症の面倒を見るという「ニンニン介護」の現状をお話下さり、家族に対しての監督責任というものを非常に感じていること。
自分に置き換えると、会社では社員に対して、家庭では家族に対しての監督責任という問題になり、思いもよらない所で問題が起き、社会問題となって話題になることもあることから、ますます重要となっている点は誰にでも共通するところであるということを強く感じました。

会長あいさつ

平塚市倫理法人会

会員スピーチ

平塚市倫理法人会
和田文雄幹事:前週に参加した富士研での体験発表をして下さいました。
50週年記念のロゴの入ったスカーフやマッサージ棒を見せながら、発表して下さいました。
研修は、研修所で終わるものではなく、帰ってきてからも半年間継続して実践しないと終了にはならず、自宅や会社の事務所の目立つ所に張り出して、実践をしているそうです。

山本えりさんからお礼をいただきました!

山本えり
えりさん、ありがとうございます!

→ 本日 1 回(総閲覧数 20 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x