年頭にあたり

あけましておめでとうございます。今年も平塚市倫理法人会は毎週金曜日の朝、モーニングセミナーを休みなく開催します。また、年に数回イブニングセミナー等も開催してまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今朝は2017年最初のモーニングセミナーであり、恒例の平塚八幡宮での開催となりました。初詣でお越しになった方も多かったと思いますが、モーニングセミナーで訪れると改めて気の引き締まる感じがします。

講話いただいた宅野宮司は年末からずっと祭祀等でご多忙だったのでしょう。今朝は例年以上に静かにしんみりとお話をいただきました。しっかりと耳を傾けないと聞き取れないところもあり、逆に集中してお聞きすることができました。

平塚八幡宮 宅野 順彦(たくの よしひこ)宮司

先の熊本、福島の震災から学んだ、神社としての存在意義についての話はなるほどと思わされました。祭りの継承、そのために形がどうであれ神社がそこにあること、人々の記憶にあること、これらの大切さについては普段我々が考えもしないような奥深さがありました。

日本は12月25日に向けて西洋のイベントであるクリスマスで盛大に盛り上がります。それが終わると一斉に正月に向けた準備が始まり、三が日は新年を祝い正月を楽しむという世界でも稀な文化があります。

そもそも今の正月も西洋暦の正月であり、日本古来の正月ではありません。その他神社での祭祀も新暦で行っていますが、なぜそうなのかは、皇室が新暦で祭祀を行っているので、全てそれに合わせている、という非常に明確な回答をいただきスッキリしました。

私事ですが、昨日事務所の前でお相撲さんに偶然お会いしました。新年早々お相撲さんに出会えるなんて神様を目の前にしたようにとてもありがたい年のスタートとなりました。今年も良い年になりそうです!

→ 本日 1 回(総閲覧数 32 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x