平塚・湘南エリアの発展 みらいについて

首を長〜くしてお待ちしておりました!今朝は平塚の顔とも言える河野太郎衆議院議員のご登壇ということで会場満席となるたくさんの方にお越しいただいたモーニングセミナーです。
やはり地元民としては最も距離の短い政治家であり、TVの向こうの人という感じは全くなく、同じ地域で暮らす人々の代表としてご活躍されている仲間であるかのようなオーラは流石ですね。
少し前に車で平塚を走っていて、河野議員のポスターとプリウスと、どちらを多く見かけるかをカウントしましたが、ほぼ同数でした。。。これも流石!
河野 太郎(衆議院議員)
さて、講話は3つのポイントがありました。

面倒臭い街

熊本の震災から学んだ街づくりのあるべき姿

サテライトオフィス

XEROX時代の経験から確信のあるこの地域で活きるワークスタイル

水平線

その向こうまで見えない現状と教育のあり方
これらのテーマでかなり笑いも取りながら、あっという間に時間となってしまいました。ご本人も話したいことの半分も話せなかったとおっしゃっていましたが、聴く側もまだまだお聞きしたいところだったと思います。
また首を長〜くしてお待ちしておりますので、ぜひ続きの部分をまたお聴かせいただきたいと思います。
個人的には「面倒臭い」のキャッチフレーズがハマりました。面倒臭いホームページ作り、面倒臭いチラシ作り、面倒臭い社長の仕事の進め方、面倒臭い業務改革、など、かなり使えそうです。いただきます!

→ 本日 1 回(総閲覧数 43 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x