実践こそ全て

10月23日平塚市倫理法人会の講話は、練馬区倫理法人会専任幹事 小澤陽一さんでした。
小澤専任幹事の講話に倫理を実践して結果を出しているということが何より説得力がありました。
倫理指導を素直に受けすぐに実践をしていたことです。
倫理指導の内容は ハイの実践 捨てる 夫婦愛和 光の実践をしていることです。
3つの実践の中で印象に残ったことがしていると言うことです。
東京都練馬区倫理法人会 専任幹事 NEW LINE 代表 小澤 陽一
人は未練があってなかなか捨てると言うことができません。
捨てることによって新しいものが入るのですが理屈ではわかっていてもなかなか実践できません。
小澤専任幹事は時間の無駄になるお付き合いをやめる。
1年以上使っていないものも勇気を持ってことで新しいものが入ってくることを経験したことがとても印象的でした。
新しい仕事もいただき新しい人との出会いがあり今現在未来に向かっているその姿が非常に印象的でした。

会長あいさつ

会長あいさつ
会長あいさつ

会員スピーチ

平塚市倫理法人会 相談役 田中耕一

今日の井筒屋さん 中学生職場体験作品 味覚の秋 栗・菊

井筒屋 味覚の秋 栗・菊

→ 本日 1 回(総閲覧数 14 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x