倫理実践が生んだ驚きの新事業

今朝のモーニングセミナーは、相模原市倫理法人会 事務長 (株)アイスリー 代表取締役 石井正一さまをお迎えしました。石井事務長は、山梨県富士吉田のご出身で、20歳で自動ドア取り付けの会社に就職、そこで才能が開花し、25歳で独立、ご結婚、現在は3人の娘さんの父親です。
そんな順風満帆の人生に変化が訪れたのが八年前でした。このままでいいのかという悩みを抱えるようになり、奥様が必死に蓄えた貯蓄に勝手に手を付け、新規事業に乗り出してしまうのでした。。。
相模原市倫理法人会 事務長 (株)アイスリー 代表取締役 石井正一
新規事業とは、電気を使わない自動ドア。ほぼ収入もないまま開発には3年を要しましたが、なんとか事業化には成功しました。しかし、その無謀なチャレンジの代償として、事業に反対した親と絶縁状態になってしまったのです。
倫理法人会には入会して7年が経つものの、特に何かしていた訳ではなく、2年ほど前にふと倫理を見直した際、耳にした言葉に我に返り、倫理を実践していったところ、今では多くの面で人生が好転してきたそうです。
その言葉とは、「感謝も大切だが、謝ることがもっと大事」それを聞いてハンマーで頭を打たれたように電流が走りました。

会長あいさつ

平塚市倫理法人会

  • 山口会員からの紹介によるゲストの方にご参加いただきました
  • 相模原市倫理法人会から多くの方に応援に駆けつけていただきました

会員スピーチ

平塚市倫理法人会

  • 横田専任幹事「アーシストカフェ〜みどりのことのは〜」BS朝日 20:55-21:00 6/24まで放送しております。
  • 内山幹事、横浜ベイシェラトンホテル3F 個展を開催しています。絵ハガキがオススメです。
  • 松丸先生に送る実践中の石井講師は松丸先生のご推薦で本日の講師としてお迎えしました。
0 0 vote
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x