loader image

倫理と出会って

第690回 平塚市倫理法人会
経営者モーニングセミナー
テーマ:『 倫理と出会って 』

講話者:横浜市戸塚倫理法人会 会長
    富弥工業(株)取締役
    富弥 あすか 氏

 今回の講話は、調べたわけでは無いが、おそらく日本一若い女性会長。横浜市戸塚の富弥あすか会長の講話。なんと20代。しかし倫理歴は10年と長い。ということは、10代で入会している?

 入会したのは父親。解体業を営む父の会社に所属しているあすか氏は、付き合いで入った父親の代わりに、行けと言われて参加したのがきっかけとのこと。まだ10代の彼女だが、父が行けと言ったら、はいと言って参加したという。しかしやはり朝は苦手、最初は終了10分前に参加するという、なかなかユニークなスタートだったようです。

 そんな彼女も当時の会長が、幹事という役を与え、父親ではなく自分の名前の名札を作ってくれたことで責任感が芽生え、徐々に早く行くようになり、ついにはモーニングセミナー前の朝礼から参加できるようになった。

 彼女の素晴らしいところは素直さだ。社会に出たことが無いに等しい彼女は、倫理法人会でゼロから学ぶことになる。しかし天性の素直さは強い。お役から、朝礼から、先輩のアドバイスから、どんどん学びを深め、今や会長として立派に会を束ねている。

 倫理法人会には、主に親から会社を引き継ぐ方向けの、後継者倫理塾という研修システムがある。彼女はそこにも参加した。そこでのでの課題は両親の出会いのきっかけ、創業の想いなど、親の想いを知ること。子供が産まれるにあたり、しっかり自分で稼ぎたい。そして仕事への思いは、顧客だけでなく近隣への配慮を重んじることが大切だと語る父親をみて、改めて父親を尊敬できるようになった。

 自分を知り、両親を知り、祖先を知り、周りの人を知っていく。眩しい限りの彼女の素直さは、人を成長させる。眩しいというのは、自分と照らし合わせるからだろう。素直というには程遠い、見栄やプライド、周りの目にとらわれて、目の前に起こることを素直に受け止められない自分。

 しかし彼女を見ていると、問題を素直に受け止めてただ対処していく。そんなシンプルな学び方をすれば、どんどん成長できる。正に倫理法人会で学ぶ純粋倫理で言う、純情(すなお)そのものではないか。

ひねくれた自分の心をも洗い流してくれるような眩しい笑顔に、大いなる勇気もらうと共に、彼女が今後どんな活躍をされるのか、とてもワクワクするような朝となりました!

専任幹事 内山 聡 記

平塚市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

平塚市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

平塚市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

→ 本日 3 回(総閲覧数 155 回)
5 2 votes
Article Rating

よろしければこちらもご覧ください。

事業承継

平塚市倫理法人会、8月15日のモーニングセミナー講師は、平塚市倫理法人会監査 相原光治さんによる「いま、社長が知りたい、事業継承と相続税のツボ」というテーマでご講演いただきました。 会社の経営者として…

役を受けきる

平成28年2月26日(金) 第392回 経営者モーニングセミナー講話 川内美喜男神奈川県倫理法人会相談役:昨年度まで県会長を務めていた経験は、幼いころより五人兄弟の末っ子としてお兄様の姿を見ていたから…

倫理の実践

講師:法人局 首都圏 副方面長 丸本敏文 純粋倫理という言葉は倫理法人会創始者の丸山敏雄先生が晩年好んだ言葉です。要は実践が大事という事です。万人幸福の書第二条の苦難は幸福の門とあります。正にこのモー…

2 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
弓削春子
2022年4月12日 23:10

娘と同じ年の戸塚の会長さんのお話、楽しく聞かせていただきました。周りの方々が応援したくなる素直で明るいお人柄に感銘を受けました。

2
0
Would love your thoughts, please comment.x