倫理で救われた波乱万丈人生

空白の一年間が実は実践の場だった・・・。本日の宮崎美枝子講師はこんな事を仰っておりました。
私もこの平塚市倫理法人会に入会して約3年が経過し4年目に突入いたしました。本日の宮崎講師も東日本大震災がきっかけで入会されたとお話されておりましたが、私も全く同じ理由で倫理活動を再開いたしました。こんな国難の時に何もできない自分がおり、何とかして自分を変えたいという思いで倫理活動を再開しました。
実は私は10年前に1年間だけですが小田原市倫理法人会のモーニングセミナーに通っていた事がありました。しかし、いろいろな状況の変化で倫理活動を断念せざるをえなくなり活動を中止しておりましたが、頭の中では忘れていた『倫理』『実践』という言葉が、震災を機に私の体に息づいている事に気が付いたのです。
幹事 宮崎美枝子
ですから私も、宮崎講師のように戻らなくてはいけないという思いに後押しされ、活動を再開できたおかげで充実した日々を送れるようになりました。今現在活動を中止されている方の中で、過去に一度でも倫理活動の中で『体験』が出た方は、必ず心の奥底で『倫理』という物を求めているような気がいたします。
ですので、もし、今、自分の目の前に苦難が立ちはだかっている方たちに、この言葉を送りたいと思います。
『お帰りなさい!ようこそ平塚市倫理法人会へ!!』

会長あいさつ

成瀬正憲

会員スピーチ

星孝之

今日の井筒屋さん 水ようかん

井筒屋 水ようかん

0 0 vote
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x