倫理が伝える繁栄のヒント

平塚市倫理法人会
第550回 経営者モーニングセミナー
テーマ『倫理が伝える繁栄のヒント』
講師 井上茂勝 倫理研究所 名誉研究員

今回の講師の方は、ブログ等に内容を書かないでほしいというお話でした。その理由は 話す内容の中に自分の話ではなく ある方の実践と体験を話すので、という理由と 文章などにした場合 受け手の主観が入り内容が違って伝っても困るということである。

私が感じた一番大きな理由は、実際にモーニングセミナーに来ていただき肌で感じるものを大切にしてほしいと言うことではないかと受け止めた。現代は簡単になんでも検索でき、いともたやすく情報が手に入る。

インターネットやスマホが普及していない時代は、情報を集める探すことにエネルギーを使った分その情報の価値は高かった。現代は情報の価値が失われているわけではないが、その価値は以前とは比べものにならない。現代は正しい情報を選択することが大切になってきている。

ということで今回は、講師の話ではなく会員スピーチについて少しふれておきます。毎回、講師の方が話をする前に会員の短いスピーチがある。約5分ほどで自分自身の倫理の実践そして体験について話をする。

今回は、入会して約一年の山西朋子会員の話だった。山西さんの話は、父親とのことで倫理指導を受けた話。話を聞いてみると人それぞれに抱えている問題は様々にあるのだということを知らされる。指導を受けて実践をする事で父親との関係は以前よりかなり改善されてきたようだ。

純粋倫理の学びの中では、親子夫婦の関係は人間関係の最も重要な部分であると教えられている。

モーニングセミナーでは、講師の話以外にも会員スピーチ、会長の挨拶などやその日の会の様子、セミナー後、講師を囲んでの朝食会でのセミナーの振り返りで参加者の方々の意見を聞くなど様々な場面での学びがある。

週に一度、自分を客観的に見つめてみる、いつもと違う環境に身をおいて違う感覚を味わってみるのも良いのではと思います。

平塚市倫理法人会のモーニングセミナーは週に一度 6:00〜 平塚ホテルサンライフガーデン4階にて開催されています。皆さまのお越しをお待ちしております。

→ 本日 1 回(総閲覧数 49 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x