人前で堂々と話をする方法

第657回 平塚市倫理法人会
経営者モーニングセミナー
テーマ:『 人前で堂々と話をする方法 』
講話者:TALK ACTIVE 代表
    宇佐美 陽子 氏

 「ただいま6時20分を回ったところです。」

 ラジオでは必ず時刻を伝える。これは時刻とともにパーソナリティの声をインプットする効果があるそう。また同じ人の声は三分飽きる。さらに説明なら30秒。いかにその中に必要なメッセージを込められるか。

 今日の講師はtalk active 代表の宇佐美陽子さん。学生時代の18歳からラジオDJとして培った、話し方のコツを、テンポの良い話し口で披露してくれる。

 そして講話タイトルは、「人前で堂々と話をする方法。」

 まず今日伝いたいことを最初に言います。本日のタイトル、堂々と人前で話す方法とは?

 ☆☆☆ ズバリ!自分の言葉で話す ☆☆☆

 人から借りてきた言葉は話すではなく、読むになってしまう。何を話すかより、何を伝えるか。何を伝えたいかをハッキリさせる。スピーチは何かを伝えるためのもの。自分の言葉で、伝えたいものを明確に。

 文字通り、明快に、自分の言葉で、伝えたいメッセージを、いきなり伝えてくれた。そしてラジオDJになった経緯から、講話がスタートした。

 中学二年生の時父親が巨人ファンだった。毎日見る巨人の選手が、バラエティのテレビ番組に出ていてファンになってしまった。そのうちプロ野球選手の奥さんになるために、アナウンサーを志したと笑いながら言う。

 高校時代はもちろん野球部のマネージャー、野球に明け暮れる日々。そんな高校の伝統として、平塚球場のアナウンスをするという運命的な出会い。松坂大輔が一級下。当時から人気の松坂の試合はローカル球場といえども超満員。そんな中での放送の経験もしている。

 放送局に就職するために大学に進学、学問よりアナウンサーに興味があったため、すぐ放送局でのアルバイトを探す。東京の放送局では通勤が物理的に難しいと思ったところ、地元平塚のFM湘南ナパサでのパーソナリティ募集のチラシを見つける。22歳以上の募集だったが、ダメ元で18歳の大学生は果敢に応募、見事採用にいたる。素人がいきなり30分の番組を任されると、その30分をどう組み立てるか、他のラジオ番組を聴きまくることで、自分のDJスタイルを確立していく。

 大学時代は全国のFMのオーディションを受けまくり、卒業時に仙台の放送局に受かり帯番組をゲットする。まさに行動と、実践の人、チャンスの神様の前髪を掴むのは、こう言う人だ。

 しかし待っていたのは、実家を離れた孤独と目立つ仕事故の同僚のいじめだった。都会から来た新人が局の顔とも言える帯番組をやる。格好な妬みの対象になるのも頷ける。3ヶ月で鬱になり、見るもの全てが色をなくす。しかし紹介者のちょっと強引な励ましもあって、契約までは続けていく。

 放送直前まで気持ちが悪くトイレに閉じこもる日々。苦しい状況は自分を見つめる機会となる。
なんのために仙台まで来て、ラジオDJをやっているのだろう。私は何を面白いと思ったのか? 何を届けたいんだろうか?

 「世界中の涙を拭きにいきたい」

 言葉は温かい毛布のようにもなるし、鋭いナイフにもなる。それは話す人のこころ次第。自分を磨くために、自分の番組を聞きなおす。10,000時間。

 声には自分が現れる。自分のの声が好きですか? 日本人は8割が自分の声が嫌いだという。宇佐美さんも自分の声が好きではなかったが、聞き直すことにより、声を通して、自分がわかって来て、自分を受け入れていく。

 子育てを機にラジオの世界を退くと、人に話すことを伝えたい。と考えた。そんな宇佐美さんは住んでいた名取市で東日本大震災を経験している。津波の被害こそなかったが、避難所で震災の現状を目の当たりにしている。そんなところでラジオは市民パーソナリティをつのり放送を届けている。それを聞いて自分のラジオDJとしての経験を伝えるニーズを感じる。

 所作に在り方がでる。声は語尾に感情が出る。語尾が上がるか下がるか。ゆっくりか速いか。この二つの要素をチャート化し、四つの感嘆符で表してくれた。

 「!」「。」「…」「♡」

 自分の声の語尾に注意、いろんな語尾で話すトレーニング。もう一つは口癖、印象ごとの口癖を自分と照らし合わせることで、自分のこと、それから相手のことがわかる。堂々とした話し方をするには、テクニックではなく、自分のあり方が問われるのだろう。

 声で自分に気づき、しかし小手先ではなく、自分自身のあり方を見直す。声を追求してきた宇佐美さんは、声を通してわかりやすくあり方の大切さを伝えてくれた。

専任幹事 内山 聡 記

平塚市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

平塚市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

→ 本日 4 回(総閲覧数 4 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x