ネパールでの学校建設

ネパールってどういう国かご存知ですか?インドとチベットの間に位置し、面積は北海道の約2倍。自然に恵まれており、農業や観光が主な産業。世界の屋根とも称されるエベレスト、ヒマラヤ等の山々で有名ですね。しかしながら、国内情勢として貧困問題を常に抱え、例えば失業率42%(2004年)、15歳以上の識字率は48.6%(2001年)となっており、経済発展も厳しい状況が続いています。

今朝の講話はそのネパールに学校を建設された成田会員です。話を聞き始めた頃は、とても貧しく悲惨な状況をイメージしてしまいましたが、学校建設のため現地を訪問された際の写真を披露され、映し出された自然豊かな景色と、そこに暮らす人々の表情を見て、経済的には厳しくともきっと美しい心を持った人々なのだろうな、という印象を受けました。

成田 清(株式会社NKY不動産 副社長)

日々目の前のことだけを見ていると、海外はおろか国内の状況さえも見失いがちですが、成田会員のようにもっと視野を広く持ち、地球規模で何か少しでも貢献したいものですね。


会員スピーチは横田専任幹事です。もうかれこれ5ヶ月間、万人幸福の栞を時間をかけ、じっくりと読み解いているという話でした。その際参考書としている書籍を紹介されていましたので、ここでリマインドです。

「万人幸福の栞・解説」
純粋倫理の理解を深めるための手引きの書
故・丸山竹秋(第二代理事長)が昭和39年に本書を著しました。『万人幸福の栞』は簡潔・明瞭な名文から成る名著ですが、さらに、1条ごとに徹底した字句の解説と具体的な事例を紹介し、正確な読解へと導きます。同書の的確な手引き書、創立者の謦咳に接した印象を伝える書の一つとして、長く愛読されています。

気になった方は

一般社団法人倫理研究所オンラインストアで購入できますので、ぜひお求めいただき、万人幸福の栞をより深く理解し、日常に役立ててください。

→ 本日 1 回(総閲覧数 11 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x