「栞」に学ぶ

講師:法人局普及事業部 首都圏方面 方面長 荒木良仁
今朝は、先日の新横浜辞令交付式でもお会いした荒木方面長の講話でした。
「読」という文字の前には、音・速・愛などの文字がつくことにより、 色々な意味に変って来ます。
読むということはとても大事なことですから、倫理法人会に入会した時に頂く 「栞」を素読(まる覚え)することは、とても大事だということを教えて下さいました。 私も読書が大好きで、私の周りには「本」が溢れかえっておりますが 本がない生活は、鎧を脱ぎ棄てて戦に行く位怖いと感じます。
いわゆる 「No Book No life」状態です。 また「明け方の夢」を大切にということで、アイデアはそこから生まれることが多い とも教えて下さいました。 自己啓発本にも良く書かれておりますが、アイデアは「しっかりとメモを取る」ことが重要で、 朝起きてから書こうとすると100%忘れます。 重要なことは「思い立ったらすぐ実践」ですので、 私はスマホアプリの「メモ帳」を多用しております。
またセミナー後の朝食会でも、皆様の感想が弾みました。 先生の講話内容が良いと感想も弾むことは言うまでもありません。 本日は大変活気のある平塚市でした。 有難う御座いました。
振り返り担当・今井章博

→ 本日 1 回(総閲覧数 7 回)
0 0 votes
Article Rating
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x